2011年12月15日

試合2011(後編)

リングに上がる…

俺は青コーナー。


レフリーが寄ってきてマウスピースのチェックと、ヘッドギアのチェックをしてもらう。

緊張で心臓バクバク…


そして相手選手(赤コーナー)とリング中央でグローブを合わせて挨拶。

俺より少し背が低いくらいかな?
168〜169pくらいで痩せ型。

面構えも弱そうだった。
しかもオーソドックス。

なんかいけるかも。

だいたい面構え弱そうな奴って弱いから。
ボクサー顔の奴は強いんだよ。


俺は前のスパーリング練習会の後の心がけを頭の中でつぶやいた。

「倒そう。息の根を止めよう!」
「とにかく先手を取る!」










試合開始!



相手にむかっていって連打を放つ!!

先手を取れた!



ワンツースリーフォー。連打4発!


けど相手はブロックしていてクリーンヒットはしない。

相手は前に出てこず、後ろに下がりながらフットワークでジャブを数発打ってくる。

俺はおかまいなしにダッシュ気味に前進して連打を放つ!


相手、手数も少なく下がりながらジャブ打ってるけどうまさがあった。

下がりながらのジャブだから力ないように思えたけど、逆にパンチが伸びきったところで俺のアゴに当たった!

それを何発もモロにもらってしまった。

伸びきったところで当たっているから、たかがジャブだけど結構ダメージもらう。
しかも相手パンチ重くないけど、硬い!
パンチ当たる瞬間、拳おもいきり握ってそうだ。

弱そうな顔して結構強い…

周りからは「ガードしろ!」の声が聞こえる。

けど攻撃のことばかり頭にあってガードを上げられない。
ポイント取らなきゃと焦って…

緊張もあって腕は重いし、体も重い。
息切れもはやい!

相手はあまり右は打ってこない。
ジャブの単発とかワンツーとかばかり。

たぶん向こうも緊張してるんだろう。

手数は明らかに俺の方が上回っているし、攻勢点もあると思う。
けど俺は相手のジャブをクリーンヒットで何発かもらっている。

むこうはジャブを打っては首をふったりして見た目はキレイだ。
下がりながらのフットワークも様になっているし。
俺の方が泥臭いボクシングだ。

ジャッジがどう採るか?

1R目終了。

あっという間だった!
すげえ早い!


セコンド何言ってたかあんまり覚えていないけど、とにかく1R目と同様手数を出していけと言われた。

左モロにもらったので口の中少し切れていた。

スパーリングと違ってインターバルが倍の1分あってしかも椅子があったので結構スタミナ回復した。


2R目開始!


さっきと同じような展開。

相手はキレイなボクシングで俺にジャブを当てていく!

俺のガードの真ん中をすりぬけてジャブが当たる!

俺も負けじと連打で応戦!



連打4発からの左ボディが打てた!
練習でやってきたことができた!

ただクリーンヒットはしていない。

このラウンドで上下の打ち分けが少し出来てきた。


2R目終了。

手数は完全に勝っている。
パンチも手ごたえは少ないけど当たっている。
微妙にポイントリードしているか?

スタミナがなくなってきた(汗)



最終ラウンド3R目開始!


開始早々ダッシュして連打していく!

すると相手のセコンドの大きい声が聞こえた。
セコンドが相手選手に

「お前、このラウンド取らないと負けるぞ!」と言った。


…てことは、やっぱり俺今ポイントリードしている。

この言葉で奮起できた!

もうとにかく手数!

ただ手数出しているぶん、ガードが低くなって相手のパンチ結構もらう!

「ガードしろ!」の声が何回も聞こえた。


相手をロープ際に追い詰めたときに俺の連打が当たって、相手のアゴが跳ね上がった!

レフリーがストップの合図!

スタンディングダウンだった。


やった!



レフリーがカウントを取る。

たぶんダメージはないと思った。
ほとんど手打ちのパンチが相手のアゴに上がって、跳ね上がっただけだから。
手ごたえもあんまりなかったし。

けどダウンでポイント取れた。

相手、もちろんやれそうだったの試合再開!

あと1回ダウンとればダメージ関係なしにRSCで試合が終る!


俺はもう無我夢中でパンチを出す!

終らせる!!


相手も必死の顔して連打してきた!

打ち合いだ!

グチャグチャのパンチの応酬!!

素人の喧嘩みたいな無様な打ち合い。
スタミナ落ちてきてお互い手打ちに近くなってきている。

応援の声がすごい聞こえたけど何言ってるかまでよく分からなかった!
ただ常に「ガード!」「ガード!」だけは聞こえた。







最後まで打ち合った!


3R目終了!!


出し切った…

スタミナ残っていない。
放心状態。
倒せなかったのが悔いが残る。

ジャッジが集計されている間コーナーで待つ。

…たぶん勝ったと思う。
最終ラウンドのダウンが印象よかった。
けど1R目はジャブもらいまくっていたし、ポイント微妙。
相手の方が見栄えもキレイだったし。


そして両者リングの中央に歩み寄る。

…勝者のアナウンスがされる。


「ただいまの試合の結果は… 勝者…」



「青コーナー ○○さん!」


その瞬間レフリーが俺の手を上げた!


歓喜の瞬間!

放心状態だ!


勝った俺は相手選手にお礼を言って、最後はリング上で相手コーナーとジャッジ3人に順番に軽く礼をしていく。
アマチュアのルール?らしい。
よく分からんけど。

そしてコーナーを降りる。


応援してくれた人に「おめでとう!」と迎えられた。

この瞬間が一番うれしかった!

初めての勝利で興奮が冷めなかった。


この後、全ての試合が終るまで結構時間があった。
20試合くらいだったので。

ほとんど見ていたけど、その間も至福の時間だった。

おおげさでなくて、今までの人生で一番幸せだ!

勝つと天国だ!


これで俺の公式戦戦績は1戦1勝0敗。


最後にポイント内訳を教えてもらった。

やっぱり2対1で分かれていた。

俺  相手
59  58
58  59
59  58

1人はむこうの勝ちにしてたんだな…
危なかった。
ギリギリの勝利だ。


…とりあえず「ボクシングやっています」というレベルに少しは近づいたかな…?

長い間練習していてよかった。
まさか自分が試合に出るなんて思ってもいなかったけど。
そして勝つなんて…

練習はウソをつかない。
走っていてよかった…


で試合終って6日ほどたったけど、現状もまた書いていきます。


posted by ヘタレ at 01:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

試合2011(前編)

遅くなりましたけど、土曜日に試合をしてきました。

結果報告です。

死闘をしてきました。


俺にとっての決闘。
1年前のリベンジ。

そして俺のアマチュア公式試合デビュー戦。


勝ってよい年を迎えるか、負けてどん底の気持ちで年を越すか。





試合当日、選手手帳を持って試合会場に向かう。
公式試合にはコレがいるからね。

まずは集合して点呼をとって、検診、計量。

血圧、体温を測ってから計量をして最後にドクターチェック。

始めての経験なので緊張したな。

血圧、体温異常なし。

体重も55,6kgで計量パス。

バンタム級(56,0sアンダー)で出場。

ドクターチェックも異常なし。
瞳孔を見て肺に聴診器を当てて診察してもらった。


これが終ると食事を取れる。

今回は減量がなかったのでバナナ2本だけ食べたよ。
朝もう食べてきたので。


去年は食べ過ぎて気持ち悪くなったから…
 
今年はコンディションは結構いい。
ただ、緊張で体が重く感じる。

試合前のアップがしんどかった。
シャドーもいつものキレがない。
ミット打ちもしんどかった。

試合前の緊張ってこんなにキレを奪うんだな。

周りみんな強く見えるよな。
シャドーも速いしミット打ちもいい音たてているし。

自分が場違いな気がしたよ。


1時間ほどして対戦相手と順番が発表される。

俺の順番と相手は…


俺の順番は12番目で相手はジムの選手だった。


少しホッとした。


相手が大学のボクシング部でなくてよかった…

若さと練習量で負けそうだからね。

でもジムでも強いのはいっぱいいるから油断できない。


あとはもう一つの心配。

相手はサウスポーだろうか?
オーソドックスであってくれ。

始めに少年の試合と女子の試合があって、それからライトフライの選手へと続いていく。



俺の順番が近づいてきた。

前と同じように2試合前にグローブとヘッドギアとファウルカップをつけてもらう。

これで一気に緊張感が高まる!

また気持ち悪くなってきた。
過呼吸一歩手前みたいな嫌な感じ。

どれだけプレッシャーに弱いんだ。俺は。

頭をよぎるのは…

「KOされないだろうか?」
「ケガなく無事に帰れるだろうか?」
「目にパンチもらったらメッチャ痛いだろうな。」

とかのネガティブな思考ばかり。


そして1試合前になるとリング下の椅子に座らされる。
前にも言ったけど死刑執行前の待たされる気分。

ホントに下手したら病院送りとかもありうるからね。



前の試合が終ってついに俺の出番がきた。
もう緊張のピーク。
楽しさなんか全然ない。

ありえないな。人生でここまで緊張する場面は。


そしてゆっくりとリングに上がる(泣)



続く





posted by ヘタレ at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

スパーリング大会 後編

ついに俺の出番がきた。 
試合は2分の3R

リングに上がる。
相手は俺より身長が低くガッチリした体型。
164pくらいだったかな。
20代前半位。

グローブを合わせて試合開始。

もう緊張でガチガチ。
すごく嫌な雰囲気。


とりあえず距離をとってジャブを打つ。
とにかく距離をとれと言われていたから。

すると結構当たる。
相手が前に出てこない。
けどなかなか連打が打てない。緊張で。
単発のパンチばっかり。
練習でやってきたことがでない。

とにかくスパーリングと違うんだよ。
足がフワフワ浮ついた感じ。
手足は重く感じるし、スタミナのきれるも早い。

1Rは結構俺のパンチが当たったのでポイントはとったと思う。
相手あまり出てこなかったので。
パンチももらったけどそんなに重くない。
今まで重い階級とスパーリングしていたからそんなにキツくない。


でも2R目になると相手が前にでてガムシャラにパンチを打ってきた。
焦っているのが表情から分かった。
連打してきて巻き込まれて、喰らってしまった。

アゴが跳ね上がってしまってスタンディングダウンをとられる。
結構効いてしまった。
なんとか冷静になろうと思ったんだけど、パニくった。
このラウンドは相手のパンチだいぶもらって距離をとれなかった。
ポイントは確実に相手に取られた。


最終3R。
また距離をとってジャブを打つ。
連打したいけどジャブ2発くらいしかでない。
もうバテてきた。
こっちは必死。
むこうも必死の形相をしている。

ワンツーを打つ。
けどクリーンヒットしない。
そしてツーの後の返しのパンチが出ない。
周りから「返しのパンチ」と言われて出しても、腰の入っていない手打ちのパンチ。
絶対ポイントになっていない。

焦ってしまって習っていない右フックを打ってしまう。
なんとかパンチ当てて倒したくて。
でもフックになっていない大降りのパンチ。
空振りでスタミナ奪われる。

相手は細かいパンチ打ってきてもらってしまう。
パンチもらってさらに焦る。

また大降りの右フックもどきを打ってしまって、今度はグローブの内側が相手に当たってしまいレフリーから警告を受ける。
あと2回やったら減点される。

ペースが相手にかたむいていた。
ラスト30秒でこっちもガムシャラに連打して打ちにいった。

最後は打ち合いだった。
キャリア浅いもの同士の泥試合。

そして3R終了!

なんとか3Rもった。

そして採点


結果は…



負けました。

ポイント負け。


ポイントは2対1で分かれていたらしいけど。



燃え尽きました。


うちのジムは5勝3敗の成績だった。

足をひっぱってしまった。
申し訳ない。

支えてくださった周りの人の期待にも応えられず申し訳ない。


人生でここまで努力したのは始めてだったけど結果を残せなかった。

あ〜…
やっぱり世の中そんなに甘くないってことだよな。


すげえ悔しい!
ポイントも一人俺につけてくれていたから、あとちょっとで勝てていたのに…
一発腰の入ったパンチが当たっていたら展開も違っていたのに…

ヘコむよ。


帰ってから飯食べたけどそんなに美味しくなかった。
負けたから…

…疲れた。

とりあえず今は少しゆっくりしたい。
お疲れ様でした。

posted by ヘタレ at 12:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。