2011年11月25日

スパーリング25回目 vsサウスポー

昨日はスパーリングをしました。

同じ階級のサウスポーの人と。


とにかくサウスポーはやりづらい。
苦手だ。

相手の右ジャブがこっちの左ジャブを消すし、ふところは深くてパンチが届かないしで。

サウスポー対策の定石は相手の外(前に出た右足の外)にポジションを取れって言われるんだけど、これがなかなかできない。
相手はオーソドックスとやりなれていて経験値が違う。
こっちはサウスポーとの経験値が少ない。

ポジションの奪いあいに負けて、パンチほとんど当てられなかったな。

一番もらってはいけない左ストレートを結構もらってしまった。

すごく効いた。

それと最近気づいたんだけど、対オーソドックスだとパンチ当てようと踏み込むと相手も出てくるからクリンチとかもみあいになるけど、対サウスポーだと踏みこんでも丁度いいくらいだ。

もともと距離が遠いから。

…というか踏み込んで攻めていかないと話にならない。


あとなぜか俺の右ストレートからの左フックがよく当たった。
どういう理由かは分からないけど…

学んだこと
・オーソドックスは踏み込みは浅目でもよい。
・サウスポーは思い切り踏み込もう。
・サウスポーとやるときはガードは常に顎の前に置く(左ストレートをもらいやすいので)


しかし長身のサウスポーとかって反則だよな。

距離とってジャブつきながら、たまに左ストレート出してりゃ勝てるんじゃないかな。


俺がトレーナーだったら、初心者にはサウスポースタイルで教えるけどね。


実際やたらサウスポーが多い高校とか大学もあるらしいし。

posted by ヘタレ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スパーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。